太陽光発電ってナニ?

メリット・デメリット

太陽光発電のデメリット

デメリット1発電量が天候に左右される

太陽光発電は日光がなければ発電しません。ひと月に何日も曇りや雨の日が続けば発電量は大幅にダウンします。また屋根に雪が積もれば全く発電しなくなることも予想されます。
設置場所は、日当たりのよい南面に太陽光パネルが設置できる状況で、日光を遮るものがないのがベストです。南面を100とした場合、北面では40パーセントダウン。東西面では5〜15パーセントダウンします。
また傾斜角度により数パーセントダウンすることもあります。 そして、近年開発が進む中で、設置当初は日当たりも良く効率的に発電していた場所にも後に近所に高層マンション等の影響で日照環境が変わることも稀にあります。 特に商業地区や隣接する場所に大きな空地がある場合などはご注意ください。

デメリット2初期費用が高い

燃料電池と比較するととても安いのですが,それでもやはり初期費用は高く感じられるでしょう。そして導入費用の元を取るには相当の時間を要します。新しい買取制度ができたとは言え10年はかかります。
また,メーカーによって値段や保証システムも変わってきます。将来的に長いスパンで考えれば初期費用の問題も解消されます。太陽光発電の導入は近年世界中で普及が進んでいます。 日本でも国や都道府県などが太陽光発電を設置するご家庭に補助金を出したりして、普及の後押しをしています。補助金制度をうまく活用し導入すれば定価より安く導入することも可能です。

お問い合わせはこちらから

見積依頼

サイトメニュー

見積り依頼

太陽光発電ってナニ?

お問い合わせ先 03-3835-3431 (受付時間月〜金 10:00〜17:00)

ページトップ